Month: August 2017

Month: August 2017

雑誌などのコラムでもよく取り上げられているのが「動脈硬化」についてです。動脈硬化は、かたよった栄養バランスの食事を摂取することでなりやすくなります。特に中年以降の中性脂肪の摂取のし過ぎは、悪玉コレステロールの増加を誘発し、動脈硬化のリスクを高めます。

病院などの検査では、動脈硬化の進行状況をエコー検査で確認することができます。エコー検査をすることで、血管が細くなっている部分を克明に検査できるため、動脈硬化の進行具合をつぶさに観察できるのです。

動脈硬化が進行すると、血管が細くなることから、血栓などにより血管が閉塞される場合があります。その場合、脳梗塞などの深刻な疾病の原因となりえます。

また、血管が細くなっていることから、肝臓などの重要な臓器に栄養が十分に行き渡らずに、臓器が十分な機能を発揮できなくなります。

動脈硬化は生活習慣病と呼ばれています。生活習慣を改めることで予防できるのです。最近、暴飲暴食が続いている…と言う方は、動脈硬化予防のためにも、生活習慣を改めましょう。

 

降圧剤よりも塩分などに注意する

多くの日本人は、深刻な症候群で悩んでいます。メタボリックなどの症状もありますが、高血圧で悩む方々も少なくありません。

それで血圧に関する問題が生じた時には、一応は薬剤で解消する方法もあります。現に医療機関に行きますと、血圧を低下させる為に、降圧薬http://www.tagunit.org/などを処方される場合があります。確かにそれが有効な事はあります。

しかし薬には、リスクがあるのも事実です。確かにそれは血圧を調整してくれる力はありますが、その反面で副作用もあるからです。副作用は非常に深刻で、なかなか医療治療も難しい傾向があります。ですから薬は控える方が望ましい一面もあります。

それよりも、食材の見直しが推奨される訳です。そもそも血圧に関する問題点を抱えている方々は、食生活に問題が潜んでいる事もよくあります。例えば食塩の過剰摂取などは、あまり良くありません。

食塩自体は、適量なら問題は無いです。しかし摂りすぎてしまえば、習慣病を引き起こす訳ですから、適量を心がけるのが望ましいです。

 

悪玉という問題点を引き起こしてしまうストレス

ストレスなどは、肝臓に対して悪い影響を及ぼしてしまう事はあります。それが一因となり、悪玉を増やしてしまう事もあるのです。

たまにテレビなどで、悪玉に関する特集が組まれている事もあります。お腹の中でそれが増加してしまいますと、疲労回復の度合いも限定される事もあるのです。ですから悪玉菌などは要注意です。

また悪玉は、血液の状態にも関わってきます。たまに血液がドロドロ状態になっている方々も見かけますが、それを放置すると面倒な問題点に発展する事はあります。しかし血液サラサラに変化してあげれば、様々な問題点も解消されやすくなるのです。

このため冒頭でも触れたストレスが、1つのポイントになります。むやみにストレスが蓄積した状態では、どうしても上記のネガティブな状態になりやすいですから、あまり溜め込まないことが肝心です。ストレスをゼロにする事は困難でも、減少させる事自体は可能です。上手くストレスをコントロールしてあげれば、疲労回復の力も高まりやすくなります。